• メニュー
  • メニュー

トイプードルはどんな性格のワンちゃん?しつけやすい?色での違いはある?

68

現在、数多くの種類の犬がいますが、なかでも長い間飼いたい犬種ランキング上位のトイプードル。

トイプードルの人気はふわふわもこもこの毛とクリッとした瞳のぬいぐるみのような愛らしい外見にあるといえますが、ただ単にかわいいだけでなく、他にも魅力的な部分は沢山あります。

性格、賢さ、しつけのしやすさ、抜け毛の少なさ、寿命などあげればキリがありませんが、

ここでは、性格についてご紹介します。

トイプードルはどんな性格のワンちゃん?

トイプードルは温厚で人懐っこい性格の持ち主です。

基本的にフレンドリーで、甘えん坊、そして飼い主には従順な性格です。

明るく活発、好奇心も旺盛で、周りの人からも可愛がられることも多いです。

さらに、トイプードルは非常に賢く、全犬種の中でもボーダーコリーの次にIQが高いといわれています。学習能力の高さは、「飼い主の指示を理解でき、しつけがしやすい」ということにも繋がっており、家庭犬としての魅力の一つでもあります。


トイプードルは毛色で性格の違いはある!?

トイプードルの性格の違いについて

犬種としての性格はほぼ変わることはありませんが、毛色によって多少の性格の違いがあります。

その違いを知っておくと、選ぶときの一つの参考になります。もちろん、育つ環境や接し方によって変化もしてくるので、「こういう傾向にある」という程度に捉えておくとよいでしょう。

次に、カラーごとの性格を見ていきます。

レッド色のトイプードルは?

レッド色のトイプードルは、性格が穏やかで人懐っこく、明るく元気な性格なので、飼いやすさはNO.1です。

お散歩に行く時や機嫌がいい時はぴょんぴょん跳ねるように走って嬉しさを表現することもあり、とても感情豊かな性格です。

アプリコット色のトイプードルは?

アプリコット色のトイプードルは、レッドによく似た性格で明るく活発ですが、レッドと比べると繊細で神経質のため怖がり屋な一面があるのが特徴です。

怖がりなため、他の犬となじめないこともあり、その際は、吠えてしまったりすることもあります。

クリーム色のトイプードルは?

クリーム色のトイプードルは、とても個性的な性格といわれ、ひとことで言うと「風変わりでマイペース」です。

一方で、飼い主への忠誠心は飛び抜けて高いため、まるで日本犬のように忠実な面もあります。


おわりに:トイプー楽しいですよ♪

トイプードルは、毛色によって多少の性格の違いはありますが、利口で素直な面は共通しています。

長所、魅力が本当に多い犬なので、初めて犬を飼うご家庭にもオススメの犬種であると言えます。

トイプードルは小型犬の中でも寿命が長い犬種です。愛犬が老犬になった際の介護や最期を看取るまで責任を持って飼うことができるか、をよく考え、新しく家族に迎えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です