• メニュー
  • メニュー

アーテミスドッグフードが危険はウソ?評判と実際に使った感想や成分や栄養について

76

アーテミスは人間の食品基準で原材料を厳選し、人工添加物を使用していない安全性の高いドッグフードと言われている一方で、「アーテミス、ドッグフード」と検索すると「危険」の文字が…。大

切な愛犬に毎日食べさせるフードに、危険性がある素材や望ましくない素材が入っていないかは気になるところですよね。

ドッグフードのアーテミスは世界25か国以上で評判を呼び、アメリカで誕生したドッグフードで、政府機関で厳重な管理で生産されていますが、ここでは、アーテミスの成分や実際に使用した感想などから安全性について調査してみたいと思います。

アーテミスってどんなドッグフード?

アーテミスのドッグフードは、「ホールドッグジャーナル」と言うアメリカの有名な犬専門の情報誌において、最高級品質と評価されているフードです。

政府機関での厳重な管理のもと、人間の食品基準で素材を厳選し、人口添加物不使用という安心・安全なアメリカ産プレミアムフードです。犬の免疫力、自然治癒力を高めてくれる「アガリクスI/S」、穀物不使用の「オソピュアグレインフリー」、人間が食べても安全な新鮮素材だけを使用した「フレッシュミックス」の3種類から展開されています。


アーテミスの原材料は?栄養成分は?

 

アーテミスドッグフード危険評判

(原材料)

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・玄米・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・卵・豆タンパク質・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・トマト搾り粕(リコピン)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・ドライ魚肉・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・サーモンオイル(DHA源)・塩・塩化カリウム・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれんそう・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L-カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウム アニマリス・ラクトバチルスロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

アーテミスのフレッシュミックスの1つスモールブリードアダルトは、フレッシュチキンやドライチキン、フレッシュターキーを主原料としています。

複数の動物性たんぱく質をベストバランスで配合し、必要な栄養素をあますことなく網羅しています。

穀物類に関しても、犬の消化吸収を補助する役目として玄米や大麦が使用されており、食物アレルギーの原因になると言われるトウモロコシや、小麦は一切使用されていません。 


アーテミスに危険な成分は含まれている?

アーテミスドッグフード危険

アーテミスのドッグフードには危険な添加物は含まれていませんが、腎臓に負担をかける塩分が含まれている点が少し気になります。

大切なのは塩分量のバランスなので塩が含まれるからカラダに悪いという話ではありませんが、ないほうが好ましいのは事実です。

塩同様に、「チキンスープ(天然風味料)」も好ましくない素材だと言えます。喰いつきをよくするために含まれていると思いますが素材の悪さを隠すイメージが強いので、こちらもないほうが好ましいです。

とはいえ、アーテミスのプレミアムフードは、人間が食べられる原材料のみを使用して作られているドッグフードです。

色にバラつきがある理由は、着色料を使用していないためで、その時の原材料の産地や焼き加減によっても異なります。

また、発がん性の危険性が危惧される酸化防止剤も使われておらず、原材料の天然ハーブやビタミンが酸化を防止します。

このように、アーテミスは人口添加物不使用、酸化防止剤も一切使用されていない、安心・安全なドッグフードと言えるでしょう。


アーテミス愛用飼い主さんの評判は?

  • 皮膚の状態が改善した
  • 食いつきもよく、涙やけが解消された
  • 下痢・軟便が解消された
  • 便の臭いが減った

アーテミスの評判としては、安心、食いつきがいい、便の状態が改善されたなどの良い評判が多いですが、ウンチが硬くなったり、緩くなったりした、鶏にアレルギーがある場合は使用できないなどがあります。

どのドッグフードにも言えますが、個体によって合うドッグフードや合わないドッグフードがあるので与える時は注意が必要です。


アーテミスまとめ

アーテミスは批判的な評判はありますが、含まれている原材料は安全性が高いものなので、総合的には飼い主や家族としては安心して愛犬に与える事ができるドッグフードです。

アーテミスを含め、ドッグフードにはどの犬にも100%合うドッグフードはありません。

犬によって好みも違いますし、合うドッグフードや合わないドッグフードがあります。わんちゃんにとって、一番良いドッグフードを選んであげましょう。


自然素材のおすすめドッグフード

無添加のプレミアムフード【アランズ ナチュラルドッグフード】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です