• メニュー
  • メニュー

長生きする犬の手作りご飯!おすすめレシピ(量や栄養)について

73

愛犬に手作りご飯を食べさせてみたいという飼い主さんが増えてきました。

しかし、食事を手作りしてみたいとは思いつつも、「栄養バランスは大丈夫かな?」「喜んで食べてくれるかな?」など、なかなか挑戦できずにいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

また、手作りご飯を推奨している方がいる一方で、知識のないままご飯を手作りすることへの危険性を訴える専門家や獣医も多いのも事実です。

ここでは、愛犬に長生きしてもらうための手作りご飯を始める前に、手作り食の基本と知っておくべきメリット・デメリット、おすすめレシピなどをご紹介します。

犬の手作りごはんとは?

犬の手作りご飯とは、新鮮な肉や野菜を使用し、飼い主さんが愛犬のために手作りした食事のことです。元気なわんちゃんはもちろんですが、ドッグフードの食いつきが悪くなったシニア犬や、腎臓や心臓などに病気のあるわんちゃんにも多く取り入れられています。

とはいえ、食べなれたドッグフードから手作りごはんに切り替えるとなると、いろいろと疑問も出てきますし、注意が必要なこともあります。安易に始めるのではなく、きちんと愛犬に必要な栄養バランスや適切な量、与えるべき食材や逆に使用してはいけない食材などを把握する必要があります。


ドッグフードと手づくりごはんはどっちが長生きする?

長生きする犬の手作りご飯

愛犬に対して、ドッグフードをあげるのが良いのか、手作りごはんをあげるのが良いのか、どちらの方が長生きできるのか気になるところでしょう。

日本では愛犬に対して主にドッグフードを与えられている事が多いのに対して、海外では手作りのフードを与える事が多いとされています。海外ではドッグフードのメラニンの混入やカビなどの問題から、手作りをしている飼い主さんが多いようです。

そうなると手作りの方が長生きできるかというと、一概にそうとは限りません。どちらにもメリット・デメリットがあります。

手作りごはんのメリット・デメリット

犬に長生きをしてもらうために手作りごはんを作ることはとても良いものです。飼い主さんが食材を選べ、調理方法などを把握することができます。

また、愛犬の体調や体質の都合に合わせて食材を選ぶこともでき、基本はその日のうちに食べ切る前提で作るため、保存料や酸化防止剤などを追加で入れる必要がありません。

しかし、手作りごはんにも問題点があります。手作りごはんを愛犬に与える場合、「栄養バランス」を意識する事はもちろん、「含めてはいけない材料」を省き、さらに新鮮さや品質にもこだわりを持たなければいけません。

また犬の体調や年齢に応じて栄養バランスや調理法などを考えなければならず、何より作る手間がかかります。

ドッグフードのメリット・デメリット

ドッグフードは、犬の成長や健康に必要となる栄養素がバランス良く含まれており、「総合栄養食」と書かれた市販のドッグフードは、それと水さえ与えれば生きていけるといわれているほど、栄養バランスが計算されています。また、長期間保存できるという点も利点でしょう。

さらに、愛犬の年齢や体調に合わせて選べるのはもちろん、最近ではアレルギー症やダイエットに適したものなど、バリエーションも豊富です。

しかし、パッケージに記載されている材料や成分を正確に把握できないのは、少し不安な方もいらっしゃるでしょう。酸化防止剤や着色料などの添加物が気になるという声も聞かれます。市販のドッグフードを愛犬に与えるときは、使用している原材料や成分、製造方法などが詳しく分からないために注意が必要です。


ごはんを手づくりする際に注意したいポイント

ご飯を手作りするうえで必要なポイントがいくつかあります。

第一に食材です。犬に与えてもよい食材、与えてはいけない食材をしっかり確認しましょう。

玉ねぎやブドウなど犬にとって毒になる食材はいくつかあります。食材にアレルギーがある場合も避けなければなりません。持病がある場合は獣医師に相談してから手作り食を始めましょう。特に心臓病や腎臓病などの場合、塩分量やミネラル量に制限が必要なこともあります。

次に、栄養バランスです。適切な栄養バランスは、犬種や個体によって違います。

まずは、穀類:肉・魚・卵・乳製品:野菜類=1:1:1から始めてみましょう。

体調や体重を見ながら、調整してベストなバランスをみつけてあげましょう。

次に分量です。適切な食事の量も、犬ごとに違います。

まずは、1回分の食事量=犬の頭の鉢の大きさ(耳の付け根から上の大きさ)から始めて、徐々に調節してあげましょう。


おすすめのレシピサイト

手づくりご飯のレシピ本もたくさん出ていますが、ネットでもいろいろな方がレシピを公開されています。まずは、レシピを参考にして、わんちゃんにベストなお気に入りご飯を探してみるのもいいですね。

・cookpad https://cookpad.com/

・わんシェフ https://wanchef.com/A/

おわりに

ドックフードより手作りごはんの方が長生きするのか、正解はわかりません。

手作り食が健康維持にベストかどうかは個体差もあると思います。ただ、昨今のドッグフードの進化と医療の進化によってワンちゃんが長生きになっているのは間違いありません。

飼い主さんが忙しくて、なかなか手作りしてあげることが難しいこともあると思います。そんな時には、市販の栄養バランスのとれた、わんちゃんにあったドッグフードを与える。また、少しだけ手をかけてドッグフードに野菜やお肉のトッピングをしてあげるだけでも、手作りごはんになります。

手作りを毎日すると、万能と言われているドッグフードを食べてくれなくなる可能性ありますので、バランスが大事です。

作り置きして冷凍しておき、使うときにチンするなんて工夫もできます。大切なことは、飼い主さんも無理なく続けることができ、毎日愛情をこめてわんちゃんにあった食事を与えてあげることです。

よく読まれている記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です